【ツムツム】パンチートのスキル評価と使い方!ボム量産でコイン稼ぎはできる?

スポンサードリンク

公開日:

LINEのディズニーツムツム(Tsum Tsum)では、2018年5月に「パンチート」が追加されます。

「パンチート」のスキルは、スキルは、横ライン状にツムを消す消去系。
正直あまり強くはありませんが、ビンゴやイベントでの活躍が期待できるツムです。

ここでは「パンチート」のスキルと高得点、使い方や評価をまとめています。



「パンチート」のスキルとステータス

スキル名横ライン状にツムを消すよ!
スキルタイプ消去系
スキルの使いやすさ簡単
成長タイプ 
スキルレベル1必要ツム数:20
ライン数:2
スキルレベル2必要ツム数:19
ライン数:2
スキルレベル3必要ツム数:18
ライン数:2
スキルレベル4必要ツム数:18
ライン数:3
スキルレベル5必要ツム数:17
ライン数:3
スキルレベル6必要ツム数:16
ライン数:3
スコア190
最大スコア974
スコア上がり幅16 
スキル発動に必要なツム数20~16
※スキルレベルに応じて異なる
スキルマに必要なツム29 

「パンチート」

パンチートは、横ライン状にツムを消す消去系です。
既に多くのツムが持っているスキルなので、どのように差別化してくるのか。

1本ラインなのか、複数ラインで消すか?

期間限定なので育てにくいため、スキル1からでもコイン稼ぎがしやすいツムでありビンゴ対応がかなり多いツムです。
消去系スキルなので、コイン稼ぎやスコア稼ぎ、スキル発動、などのミッションで使いやすいツムですね!

「パンチート」のスキル解説

パンチートはスキルを発動すると、横ライン状に2~3ライン、ツムを消します。
ライン数はスキルレベルに応じて異なります。

どちらかというと、フランダーに似たスキルですね。

スキル上げに必要なツム数

「パンチート」のスキル上げに必要なツム数です。

スキル1→21
スキル2→32
スキル3→4
スキル4→57
スキル5→614
合計29 

「パンチート」スキルの使い方と高得点のコツ

「パンチート」をどのように使うとコイン稼ぎやスコアが出せるのか?以下でまとめています。

「パンチート」のビンゴ種類別対応表

「パンチート」のビンゴ種類別対応表です。

赤色のツム消去系スキルを持つツム
横ライン消去系スキルを持つツム毛が三本のツム
くちばしのあるツム口が見えるツム
毛のはねたツム帽子をかぶったツム
ほっぺが赤いツム白い手のツム
イニシャルがPのツム男の子のツム

この他にもビンゴに対応した!というものがありましたら、ぜひコメント欄にて。

 ビンゴミッション指定別対象ツム一覧表 

「パンチート」の総合評価

スコア稼ぎ

低スキルレベル(1〜3)のスコア稼ぎ
12345
スキルレベル4以上のスコア稼ぎ
12345

コイン稼ぎ

低スキルレベル(1〜3)のコイン稼ぎ
12345
スキルレベル4以上のコイン稼ぎ
12345

ビンゴ攻略

ビンゴ攻略
12345

総合評価

総合評価

12345

「パンチート」の入手方法と確率

「パンチート」は、プレミアムBOXから低確率で出現します。曲もツムも期間限定になります。さらに5月のイベント「ツムツムの世界一周」で有利なツムとして使えます。

追加日2018年5月11日11:00追加
登場期間2018年5月11日11:00~5月31日まで 
確率アップ期間備考
2018年5月11日11:00〜5月14日10:59まで第1回確率アップ

↓確率アップ情報

↓ツムツムの世界一周詳細

「パンチート」ってどんなキャラクター?

パンチートは、1959年3月10日に日本で公開された「三人の騎士」に登場するキャラクターです。  ドナルドにラテンアメリカの友人から、3つの誕生日プレゼントが届きます。 3つめの箱を空けると、中からメキシコの友人であるパンチートが登場!  空飛ぶ絨毯に、ドナルドとホセとパンチートは乗ってメキシコの情熱的な世界を旅するお話になっています。

パンチートは、1959年3月10日に日本で公開された「三人の騎士」に登場するキャラクターです。

ドナルドにラテンアメリカの友人から、3つの誕生日プレゼントが届きます。
3つめの箱を空けると、中からメキシコの友人であるパンチートが登場します。

「三人の騎士」は画像のように空飛ぶ絨毯に、ドナルドとホセとパンチートの3人でメキシコの情熱的な世界を旅するという話です。

2018年5月の新ツム

それでは、2018年5月の新ツム一覧です。

2018年5月新ツムアイアンマン
キャプテン・アメリカ
スパイダーマン
サノス
パンチート
ホセ

ぜひご覧ください!

スポンサードリンク







    1件のトラックバック

    コメントを残す