【ツムツム】毛を結んだツムで80コンボ攻略まとめ【ルミエールのおもてなしイベント6枚目】

スポンサードリンク

LINEディズニー「ツムツム(Tsum Tsum)」で2017年5月1日〜21日まで美女と野獣イベント「ルミエールのおもてなし」が開催されます。そのイベントの6枚目16(6-11)「毛を結んだツムを使って1プレイで80コンボしよう」というミッションが登場するのですが、毛を結んだツムはどのツムが対象なのか?
どのツムを使うと1プレイで80コンボできる?

ここでは、毛を結んだツムを使って1プレイで80コンボしようの攻略におすすめのツムや攻略方法をまとめました!

毛を結んだツムで80コンボの攻略がなかなかできない方、是非参考にしてみてください!

スポンサードリンク

毛を結んだツムに該当する対象ツム・キャラクター一覧

毛を結んだツムに該当する対象ツムは以下のキャラクターがいます。

毛を結んだツムで80コンボ攻略

毛を結んだツムは対象ツムは割りと多めですが、どのツムだと80コンボしやすいでしょうか?

コンボを稼ぐためのコツ

コンボとは、ツムを繋げば繋ぐほどカウントされるもので、画面の右上に出ているのがコンボ数で、ツムを3個繋げても4個繋げても1コンボとしてカウントされます。ようはツムを消した回数がどんどんカウントされていきます。

そんなコンボの基本がこちら!

カラー背景テキスト

・フィーバー中はコンボが途切れない
・ロングチェーンの消化中はコンボ数はリセットされない
・ロングチェーンを作っている時はコンボ数がリセットされる(なぞるのに時間がかかるため)
・ロングチェーン消化中に、ボムキャンではなく他のツムを繋げるとその分コンボ数はカウントされていく

 コンボを繋ぐコツは?コンボ計算式・切れる時間は?おすすめツム一覧

 コンボとは?意味とミッションコンボ80回、100回、150回、250回攻略

今回のミッションは80コンボなので、そこまで難易度が高くないのですが、大体目安として30秒で40コンボ稼げるだけの技量を身につければそこまで難しくはありません。

それを踏まえて、攻略情報をまとめます。

 

ボム発生系スキルのツムで攻略

こういったコンボ系ミッションで意外に使えるのが、「ボム発生系スキル」。該当するのは以下のツムです。

マリーはボム発生系なので、スキルでボムを発生させたら通常時にボムを壊すようにする、フィーバー中にツムを細かく繋いで消してコンボを稼ぐという感じで攻略していきます。

マリースキル2

ノーアイテムでも攻略できますが、5→4を使うことでより確実に攻略できます。慣れている人なら、30秒以内に80コンボ達成できるはずです。

消去系のボム大量発生ツムで攻略

こちらもコンボ稼ぎに使えるツムなのですが、スキルで消去した後に大量にボムを発生させることができるツム、もしくは1回のスキルで複数箇所消せるスキルでコンボを稼げるツムたちです。

レイア姫は消去系ですが、複数箇所消すツムで、消した箇所だけボムが複数発生しますしスキル発動も軽いので、スキル乱打プレイがしやすいキャラクターです。
通常時にスキルを発動してボムを壊しながらフィーバーを発生させ、フィーバー中にスキルゲージをためられるようにマイツムを消しつつ、他のツムも繋いでコンボを繋ゲバクリアできます。

シンデレラは、スキル効果中に別のツムを一定時間繋げることができます。

シンデレラスキル5

画面を横に交互に切るようにすることでボムが作りやすくなりますので、ボムを量産していきましょう。
スキル効果中はボムが作れるだけでなくチェーンも作っているので、かなりコンボ数が稼げます。

忍者ドナルドは、消去系+ボム発生系の2種類の効果を持つツムで、1回のスキルで消去系のスキルでボムが1コ、そしてスキル効果でさらにボムが2個、合計3個のボムを生成できます。

忍者ドナルドスキル4

このため、スキル1回分で1コンボ、さらにボムを3つ消せば3コンボ稼げるので、おすすめです。

サプエルで攻略

消去系ですが、サプライズエルサはタップすることでコンボ数を稼げます。

サプエルは出てきた雪だるまをタップするとその周りのツムを消します。
通常の攻略法であれば、雪だるまをタップするのではなく複数なぞってタイムボム狙いでのプレイがメインになると思うのですが、コンボ系ミッションクリアに特化したプレイ方法として、雪だるまを1個ずつタップして消す方法があります。

雪だるまを1個ずつタップすると、1コンボとカウントされるため、その分コンボ数が稼げます。

ルミエールのおもてなしイベントその他の攻略

ルミエールのおもてなしイベントのその他攻略情報です。

こちらもあわせて攻略の参考にしてください。

スポンサードリンク



スポンサードリンク

コメントを残す