【ツムツム】1プレイで41チェーンしよう攻略まとめ【ディズニーストーリーブックスおまけ16】

スポンサードリンク
公開日:2017年09月11日
最終更新日:

LINEディズニー ツムツム(Tsum Tsum)では、2017年9月8日〜「ディズニーストーリーブックスイベント(クラシックシリーズ)」が開催されています。

その「ディズニーストーリーブックス」おまけカード5冊目の16マス目に「1プレイで41チェーンしよう!」というミッションが登場するのですが、ここでは「1プレイで41チェーンしよう!」攻略におすすめのツム、どのツムを使うと225万点稼ぐことができるかなどをまとめました。



1プレイで41チェーンしよう!攻略

1プレイで41チェーンしよう!

2017年9月イベント「ディズニーストーリーブックス」おまけの本のミッションに「1プレイで41チェーンしよう!」という指定ミッションがあります。

このミッションは、1プレイで41チェーンしなくてはいけません。41チェーンは画面に映るツムをすべて消すという認識です。
ツム指定はないのですが、チェーン数がかなり多いので、以下のツムを使って攻略しましょう。

erusa-iconエルサで攻略

まずは、erusa-iconエルサ。エルサは消去系ツムなのですが、スキルの性質上一度ツムを凍らせてからタップすることで消せるのですが、エルサの場合はスキルの重ね掛けが可能です。

エルサチェーン

このようにスキルを重ねがけすることで、40チェーンだろうが攻略できます。

コツとしては凍らせた状態でひたすらツムを消し続け、スキルを発動してどんどん凍らせましょう。

スキルレベル5以上になると、2~3回のスキル使用で画面上のツムは全て凍らせることが出来ます。
凍った範囲が増えてくると、上部に僅かなツムしか残っていない状況になるため、なるべく少ないツムでも効率的に消すために5→4のアイテムは使いましょう。

スキル1~3でもコツさえ掴めば、41チェーン攻略できます。ただスキルレベル4以上推奨です。

詳しくはこちらの動画をご覧ください。

sally-iconサリーで攻略

続いてはsally-iconサリーなどに代表される大ツム変換系スキル。大ツム発生系スキルを使うことで、よりチェーンを繋ぎやすくなるため、こういったチェーン系ミッションで有利になります

サリーチェーン

このように上手くチェーンを繋ぐことが出来ます。

ちなみに大きなサリーが3つ発生させることが出来たらそれだけで15個分カウントされるのですが、サリーは、スキルを発動させる毎に必要なツム数が増えていくのでスフレよりは扱いにくいかなと言う印象です。

コツとしては画面上に大サリーを複数個、発生させたら、サリー以外のツムを消して小さいサリーの数も増やしていきます。
結構時間ギリギリになってしまうかもしれませんが、5→4のアイテムを使いつつなぞればクリアできます。

詳しくはこちらの動画をご覧ください。

スフレツムスフレツムで攻略

続いてはスフレツムスフレツムなど、大ツム変換系スキルを用いたチェーン攻略です。スフレや、青サリーなどの大ツム変換系スキルを使うと、スキルレベルに応じてツムを大ツムに変換するのですが、これに伴い非常にツムを繋ぎやすくなります。

スフレ大ツム

↑スキルレベル1のスフレツムを使用。スキルレベル1の状態では2個しか変換してくれないが、スキルを使用した後に、変換した大ツム2体を消さないようにして、再びスキルを使い、画面に4つの大ツムを用意する。その後うまくマイツムを貯めて一気にチェーンを繋ぐと、上記のようにチェーン系ミッションを攻略できる。

ランダムツム変化系スキルでロングチェーン攻略

ツム変化系と言っても、色々なタイプがいますが一箇所まとめて変化させるツムではなく、「ランダム」にツムを変化させるスキルを持つツムがロングチェーン攻略に向いています。
例えば以下のツムが代表的です。

コツとしては、5→4のアイテムを使用してすスキルゲージ連打プレイをしてマイツムも持ち越しながら変化するツムをどんどん増やしていき最後の方で一気に繋げることで攻略可能です。

固まった場所で変化するツムは扇風機でちらしながらという荒技もありますが、非常に難易度高いのでお薦めはできません。

 「ディズニーストーリーブックスイベント(クラシックシリーズ)」イベント攻略情報まとめ

以下は「ディズニーストーリーブックスイベント(クラシックシリーズ)」イベント攻略情報まとめです。

イベント概要
イベント攻略・報酬完全まとめ羽根マス・カード別クリア報酬一覧
イベント有利ツムのボーナス値 
カードミッションまとめ
1枚目攻略2枚目攻略
3枚目攻略4枚目攻略
おまけカード(5枚目)攻略 

【個別ミッション攻略】 

ぜひご覧ください。

スポンサードリンク







コメントを残す