【ツムツム】キングダムハーツシリーズを使ってスキル10回攻略まとめ【ホーンテッドハロウィーンおまけ】

スポンサードリンク
「キングダムハーツ」シリーズを使って1プレイでスキルを10回使おう

LINEディズニー ツムツム(Tsum Tsum)では2017年10月に「ホーンテッドハロウィーン/ホーンテッドハロウィン」イベントが開催中です。

その「ホーンテッドハロウィーン/ホーンテッドハロウィン」イベントおまけ/屋根裏にあるミッションに「「キングダムハーツ」シリーズを使って1プレイでスキルを10回使おう」が登場するのですが、ここでは攻略にオススメのキャラクターと攻略法をまとめています。

「キングダムハーツ」シリーズはどのキャラクターなのか?どのツムを使うとどのツムを使うとスキル10回使えるのか?ことができるのか?ぜひご覧ください。

スポンサードリンク

「キングダムハーツ」シリーズに該当するキャラクター一覧

「キングダムハーツ」シリーズは以下のキャラクターがいます。

「キングダムハーツ」シリーズを使って1プレイでスキルを10回使おう!攻略

「キングダムハーツ」シリーズを使って1プレイでスキルを10回使おう

2017年10月の「ホーンテッドハロウィーン/ホーンテッドハロウィン」イベントオマケ/屋根裏に「「キングダムハーツ」シリーズを使って1プレイでスキルを10回使おう」という指定ミッションが登場します。

1プレイでスキルを10回も使わなければならず、さらに10回という指定もあります。

キングダムハーツシリーズのツムはそもそも5体しかいませんが、どのように攻略すればいいのか?

スキルを多く発動するコツ

スキルを多く発動させるには以下のようなコツが必要になります。

・なるべく5→4のアイテムを使う
・スキルゲージがたまりそうになったらスキルボタンを連打する
・連打することで、マイツムを次のスキルゲージにためることができる

ツムツムの手元が映っている動画を見るとわかりやすいのですが、スキルゲージたまりそうなタイミングでスキルゲージを連打しています。

これは、ツムツム攻略するにあたり非常に重要な基本的プレイ方法です。

スキルゲージ3

画像のようにマイツムを消すと、スキルゲージに向かって消したマイツムが飛んでいきます。
左下のツムのアイコンを見て、そろそろスキル発動すると思ったら連打するようにすることで、マイツムを持ち越せます。

例えば、とんすけは「7個」で発動できます。
しかし、スキル効果やロングチェーンで10個ツムを消した場合に、通常なら3個ぶん無駄になってしまいます。
ですが、あらかじめスキル連打しておくことで、タイミング良ければ3個ぶん次のスキルに持ち越せます。

この方法を使うと、スキルゲージを無駄なく使用することが出来るので、1プレイでスキル○回という指定ミッションだけでなく、ツムツムにおいてコイン稼ぎやハイスコアを叩きだすのにあたり基本的なプレイ方法になります。

↓詳しくはこちらをご覧ください。

ねじねじグーフィーで攻略!

今回のミッションで使いやすいのはボーナスもつくねじねじグーフィーです。

ねじねじグーフィーは、スキル発動数が15個です。
15個は少し重めなのですが、キングダムハーツのキャラの中でも1番軽く、ねじねじグーフィーは消去系スキルなのでただ使えばいいので扱いは簡単です。

横ライン消去系なのですが、どちらかというとジグザグにツムを消すタイプでクルエラに近いスキルなのですが、このミッションでは一番攻略に向いています。

さらに新ツムなので30%のボーナスがつくため、10回スキルを使わなくても8回程度でも攻略できます。

ハロウィンソラで攻略

同じくボーナスがつくハロウィンソラもおすすめです。

ハロウィンソラのスキル発動数は18個と正直重いので、アイテムの5→4は必須です。

ハロウィンソラは出てきたかぼちゃをタップすると周りのツムを消す特殊消去系です。
かぼちゃの周りに隣接したツムでチェーンになるツムを巻き込んで消すので、消去数にムラになりやすいのですが、スキル1でもかなりの消去範囲が期待できます。

スキルゲージ連打プレイはもちろんですが、こちらもボーナスがつくので、10回スキルを使わなくてもクリア可能です。

10月ホーンテッドハロウィーンイベント攻略情報まとめ

以下は「10月ホーンテッドハロウィーンイベント」イベント攻略情報まとめです。

イベント概要
イベント攻略・報酬完全まとめカード別クリア報酬一覧
イベント有利ツムのボーナス値全ミッション一覧・難易度・攻略まとめ
カードミッションまとめ
1階(1枚目)2階(2枚目) 
3階(3枚目)4階(4枚目) 
5階(5枚目)おまけ(屋根裏) 

ぜひご覧ください。

スポンサードリンク



スポンサードリンク

コメントを残す